スイカ

投稿日:

極実

【スイカ】
主産地:熊本、鳥取、長野
オススメシーズン:5月~8月
参考規格:6~8kg/個
(天候状況などにより内容が変わる場合がございます)


夏の涼、と聞いて思い浮かべる青果物に外せないスイカ。
夏のイメージが根強いですが、市場では春先からシーズンがスタートします。
産地・品種など様々ですが、鳥取県倉吉市の【極実スイカ】(7月初旬~中旬過ぎ頃)がオススメです。

通常、スイカは*連作障害や病害などを防ぐため、ウリ科の植物に「接ぎ木」をして栽培されます(例:地下部分はかんぴょうで地上部分はスイカ)。
しかし、極実スイカは台木・穂木の両方に西瓜を用いて作られています。
よって特定の病気に弱く、同じ畑で栽培できないなどのデメリットも有りますが、西瓜本来の味に拘って作られた極実すいかは「一度食べたら他の西瓜は食べれない!」なんて声も聞こえるほど。
ベストシーズンは2週間ほどで終わってしまいますので、お見かけの際は是非とも召し上がって頂きたい商品です♪

 *連作障害・・・同じ場所で同じ作物を続けて栽培した際に起こる障害。原因は土壌中の病原菌・害虫、肥料成分の不均衡、土壌phの変化など様々。また作物の種類によっても障害の発生度合いは変わります。連作障害を防ぐためには違う品種を順に栽培したり、土壌消毒や耐病性のある品種との接ぎ木などがあげられます。


スイカを美味しく食べるには?
まずはスイカの選び方。形は品種によっても違いますが
  • 凹みなどが無く、左右対称のものがいいでしょう。
  • 果皮の着色がまんべんなく、ハリとツヤがあり、縞模様がはっきりしているものがオススメです。
  • カットされているスイカを選ぶ際には断面が滑らかなもの、果肉の色が鮮やかで果肉に空洞が無いものを選びましょう。

食べる際のポイントは2つ。
1つは切り分け方。 果実の中心部が最も甘いので、切り分ける際には中心部から放射状に切り分けると、どのスイカにも甘い部分が均等にいきわたります。また、種は皮の縞模様の部分に並んでいますので、縞部分に包丁を入れると切り口に種が並びます。
2つ目は温度。 スイカの甘味は主に果糖によるものです。果糖は温度が低いときに甘味を感じやすいので、スイカは冷やしてから召し上がってください。ただし、冷やしすぎにはご注意を。あまりに低い温度で冷やすと、果肉の味が悪くなってしまいます。食べる1~2時間程前に冷蔵庫(8℃~10℃)に入れて冷やしておくと良いでしょう。

 また、スイカは追熟しませんので、完熟したものが収穫されます。ですので、収穫後は鮮度が落ちてゆくと共に味・肉質も落ちてゆきますので、購入したらすぐに冷やして召し上がって下さい。

広告