国産ブドウ

投稿日:

【国産ブドウ】
主産地:岡山、長野、山梨
オススメシーズン:7月~9月


夏秋果物の看板役者、ブドウ。魅力は食べる際の手軽さと、品種の多さではないでしょうか。
毎年のように新品種が登場するブドウも種なし巨峰などの黒皮系、マスカットなどの緑皮系、デラウェアなどの赤皮系に大別できます。それぞれのグループでのオススメをご紹介させていただきます。

 

~黒皮系~

  • 巨峰/種なし巨峰
    黒ブドウの定番品種!ぶどうの王様とも呼ばれます。甘みの強い果肉と、豊富な果汁の優れた食味が魅力。皮ごと食べる品種ではありませんが、皮離れが良いため食べやすい品種です。
    ジベレリン処理を行うことで種なし巨峰にすることができ、近年では消費者の嗜好から種なし巨峰の需要が高まっています。また、後継品種の親になることも多く、後述のピオーネやナガノパープルも巨峰の系統を汲んでいます。
  • ピオーネ
    巨峰を親に持つ日本生まれの品種。皮は紫黒色で、一粒15~20g程の大粒品種になります。
    巨峰に比べると皮離れが良く、果肉が締まっており酸味の少ない上品な風味が魅力です。
    また、粒が落ちにくく日持ちがよいのも魅力です。
    巨峰に比べ大粒で、さっぱりとした上品な風味が感じられます。
  • ナガノパープル
    巨峰を親に持つ長野県生まれのオリジナル品種。種がなく、皮ごと食べれる黒皮系ぶどうになります。一粒13~15gと大粒で、甘みが多く感じられます。シャインマスカットのようなパリっとした食感ではなく、柔らかな食感になります。味は濃厚で、香りも芳醇。今後に期待できる品種です!

~緑皮系、赤皮系~

  • シャインマスカット
    スチューベン、マスカットの系統を汲む皮が黄緑色の大粒品種のブドウです。
    流通している殆どが種無し栽培され、果皮も薄いため『皮ごと食べれる種無しブドウ』として人気です。
    肉質はしっかりとしており、強い甘みと少ない酸味、マスカット特有の香り高い品種。
    パリっとした食感の後に、甘みの強い果汁と豊かな芳香が口いっぱいに広がります。

 

  • ルビーロマン
    藤稔の系統を汲む石川県生まれの赤皮大粒品種。毎シーズン市場の初セリ時の高値が話題になり、主に贈答用として用いられます。
    一粒の大きさは20g以上と極めて大きく、一口で食べるのに戸惑ってしまうほど。頬張れば口いっぱいに豊富な果汁が広がります。酸味が控えめなため甘味を強く感じます。出荷時には厳しい出荷検査があり、その中でも特に優れたものには”プレミアム”の表記が入ります。

 

 

【鮮度が良い・美味しいブドウの見分け方】
ポイントは3つ。軸、色、ブルームです。
「軸」…太く青いものほど鮮度が良い証拠。
「色」…房全体の色づきで判断しましょう。黒系・赤系のブドウは色の濃いものを。緑系のブドウは熟すにつれて黄色みを帯びてきます。
「ブルーム*1」…ブドウ全体をうっすらと白く覆うベールのようなものがブルーム。このブルームが房全体についているものが新鮮さの証といえます。
*1果物自身が自然に生成するもの(水分蒸発や病気を防ぐ役割がある)で、そのまま口にしても問題ありません。

ブドウは日持ちのしない果物です。なるべく早いうちにお召し上がり下さい。
食べきれない場合は新聞紙やビニール袋で包み、野菜室で保存すると良いでしょう。
その際はブルームを洗い流さず、保存して下さい。

広告