投稿日:

主産地:山梨、千葉
おすすめシーズン:8月下旬~10月頃まで


秋の味覚の代表格!ナシ(和梨)のシーズンが始まっています!
キヨタでは主に3品種の梨を産地毎にリレーしながら8月から11月いっぱいまで梨をお届け致します。
9月は各品種の中継地点。8月末から9月にかけて、幸水梨から豊水梨へと切り替わり、
9月の下旬になると南水梨が出回り始めます。


幸水 (2)幸水

昭和34年に命名された早生系の品種。
果皮の赤い赤梨に分類されますが、実際には表面は斑状で黄緑がかった印象を受けます。

毎シーズン、一番最初に出回る品種として、早いものでは7月中旬頃から出回り始め、8月に入るとぐっと入荷量が増えてきます。

酸味が少なく、シャリっとした食感に甘く爽やかな風味が特徴です。
今も根強く愛される品種のひとつで、夏に食べるナシといえば、幸水!と言ってもいいでしょう。
日持ちが短いため、早めに召し上がるのがベストです。


豊水豊水

昭和47年生まれの品種。シーズンでは幸水の次に出回る品種で、8月下旬頃から出回り始めます。
こちらも幸水と同じ赤梨系。幸水に比べるとやや大ぶりの果実で、赤みがかった黄金色に近い果皮の色をしています。

日持ちの良い品種として知られており、幸水梨に次ぐ生産量を誇ります。
幸水に比べ、やわらかな食感で果汁も豊富。
甘みだけでなく酸味もあるため、バランスのとれた味わい深い品種です。
暑さも和らぎ、風が涼しく感じたらこの豊水のベストシーズンといえるでしょう。


南水ロイヤル南水

上記2品種に比べるとまだまだ若手の品種。
平成2年に品種登録されました。
他の梨の流通が終わる9月下旬ごろから出回り始めます。

若手の品種とはいえ、甘さはピカイチ!豊富な果汁と強い甘みが特徴です。社内での人気も高い品種になります。
シャキシャキとした食感もよく、日持ちも良いため贈答品としても人気があります。
秋深まる頃には甘さも増して、より一層美味しく召し上がれる品種です。
(画像は南水ロイヤル)


美味しい梨の選び方&食べ方

・ 形が丸く扁平なもの。
・ 大玉のものほど美味しいといわれています。
冷やしすぎると甘みが感じにくくなります。召し上がる1~2時間ほど前に冷蔵庫に入れて冷やしましょう。
・ 実の上部(ヘタ側)よりも下部(おしり側)の方が甘みが強いです。
・ 皮に近い部分が甘いため、出来る限り皮は薄くむいて下さい。

広告