投稿日:

%e5%88%80%e6%a0%b9%e6%97%a9%e7%94%9f2016-2主産地:奈良、和歌山、山形、山梨
おすすめシーズン:10月~12月頃まで

夏の終わりと共に、ぐっと入荷量が増える柿。古くから家屋の庭木としても扱われ、馴染み深い果物のひとつです。キヨタでは9月の中頃から刀根早生柿、平核無柿、富有柿と品種を繋いで、年内一杯を目処に柿を取り扱っております。(画像は刀根早生柿)


種なし品種:刀根早生柿、平核無柿(いずれも渋柿)
形は四角張ってやや扁平。柔らかな歯ざわりが特徴です。色は黄色みがかった橙色です。
刀根早生は平核無柿(渋柿)の枝変わりで、通常の平核無柿より2週間ほど早く収穫されます。
※平核無=ひらたねなし と読みます。その名の通り平たく、核(種)の無い柿、という意味です。

種なし品種:富有柿(甘柿)
甘柿の代表格、柿の王様とも言われています。
甘味・コクが強く、豊富な果汁とシャキッとした食感が特徴です。
1850年代から栽培されている歴史ある品種で、ふっくらと丸みのある形をしています。


おいしい柿の選び方&食べ方
美味しい柿を見極めるには色づきが濃いもの、皮にツヤ・ハリのあるものを選んで下さい。
ヘタの周りが青い場合には、常温で数日置くと色が回り、食べごろになります。
また、柿に含まれる甘味成分(ショ糖)は温度が低いと甘味を感じにくくなります。
お召し上がりの際はぜひ常温でコクのある甘味を楽しんで下さい。

広告