洋ナシ(ラ・フランス)

投稿日:

%e3%83%a9%e3%83%952016-3

主産地:山形
おすすめシーズン:11月


洋梨の主要品種、ラ・フランス。昔は地域によってはみだぐなす(=見たくなし=見たくない梨)とも呼ばれるとおり、あまり見た目の良くない洋梨です。
しかし、外見とは裏腹に、追熟によって増す甘味と芳香、なめらかな食感が消費者に知られると瞬く間に認知度は上がり、”西洋なし”といえば”ラ・フランス”といったイメージを持たれるまでになりました。

市場では8月頃から西洋なしが入荷しますが、夏場は品種が短い期間で変わる点、味や食感の面からあまりオススメできません。
しかし11月になるとラ・フランスの入荷量がぐっと増え、そのまま11月末まで同じ品種が市場に出回ります。前述のとおり味・食感ともに優れている品種ですので、是非11月にオススメしたい果物です。
キヨタでは自社にて熟度管理を行っており、固めのものから食べ頃の柔らかなものまでご用意が可能です。

11月半ば頃を過ぎると新潟県産の『ル・レクチェ』もシーズンに。【西洋梨の貴婦人】とも呼ばれ、ラ・フランスとは一味違った濃厚な甘味と芳醇な香りが魅力です。こちらは流通期間が短いため、ご購入の際には要注意です。


追熟の目安
常温であればおよそ2~3週間ほどで食べごろになります。軸の周囲の盛り上がった部分(肩)を指で押し柔らかくなっていれば食べ頃です。果皮の色は変化がわかりにくいため、ご注意を。
(※店頭で熟れ具合を判断する際は指で押さないようにして下さい。)

広告