シーアスパラガス

投稿日:

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%a9-4

主産地:イスラエル
取扱シーズン:通年予定


*アッケシソウ(学名:Salicornia europaea) 別名:Samphire(英)/PassePierre(仏)/Zeekraal(蘭))

【海のアスパラ?】
一見すると海藻のようにも見えますが、北米からヨーロッパ、アジアなどに広く分布する一年草。つまり植物なんです。欧米では比較的ポピュラーな食材です。日本にも自生していますが、絶滅危惧種に指定されており、天然のものを収穫することはできません。

【塩ニモマケズ】
シーアスパラガスは海沿岸や塩湿地など、塩分の多い場所で育つ塩性植物。生育するにつれて塩を蓄積するため、素材そのものに塩味があります。また、ミネラル分を多く含むのも特徴。
ほのかな苦味も感じますが、クセがないため様々な調理法や食材に合わせやすい野菜です。


%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%a9-2
【痩身。けれど存在感】
ご覧の通りシーアスパラガスひとつひとつはとても細身。爪楊枝~竹串ほどの太さですが、加熱してもシャキシャキとした食感が残ります。

さっと茹でると緑色がより一層鮮やかになり、付け合せのほか、サラダやソースに混ぜ込むのもオススメです。

生食も可能ですが、加熱調理するのがポピュラーなようです。また、加熱しても塩味は残ったままですので、塩加減に注意が必要です。

広告